1. ホーム
  2. 作品例
  3. さ行
  4. 世田谷村

作品例

世田谷村

  1. 種別:
  2. さ行
所在地

東京都世田谷区

コンセプト

「未完の心地よさ」がある住宅。平屋の旧母屋に住み続けながら、その真上に新しい家を作り、生活全般における時間の流れを継続。
鉄とガラスとアルミで作った日本の民家。

特徴

?生活の流れを継続させるために、三層分の高さを持つ4つの柱を旧母屋のコーナーに立て、それをメインポストとして、サンドイッチ折板を使ったフラットな床板を母屋の上から吊る。
地震や風に対して、フレームではなくピン接合したロッドやブレースでトラスを組み、軸力抵抗とすることで、各部材の断面を極力小さくした。

建築家の「自分で住宅をつくる」というヴィジョンを実践するために、フレームや人工地盤であるプレートは造船技術を生かして短期間に造り、その後は住人が自分で全部作っている。

2001年芸術選奨(美術)
旧母屋と新築鉄骨部分

旧母屋と新築鉄骨部分

CG画像

CG画像

関連記事、その他
  • GA JAPAN vol.52掲載